2009年02月17日

"ガッカリ観光地"になる!? 廃墟の王様『軍艦島』の未来【日刊サイゾー】

 長崎市の南西に浮かぶ「軍艦島」(正式名称:端島)といえば、廃墟好きを中心に、多くの人に知られている近代遺産だ。石炭採掘のために開発された島は、まさに"廃墟の王様"の名に劣らず、圧倒的に異様な外観で見るものを惹き付けている。2008年には文化庁の世界遺産暫定リストにも登録され、目下ユネスコに世界遺産登録申請中の軍艦島には、日本だけでなく、アメリカやフランス、ドイツのクルーまでもが取材に押し寄せるという。

 しかし、そんな軍艦島は、これまで安全上の理由から一般客には開放されておらず、クルーズ船で海から眺めることしかできない「遠い島」だった。そんな事情から不法に上陸をする不届き者が後を絶たず、安全面の不安やマナーの悪さなどが指摘されていた。

本文を読む

posted by 宇宙戦士バルディオス at 16:35| ニュース(文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。